上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
神話の時代に端を発する由緒ある峠です。標高500m。
飯塚方面へのメインルートである国道201号線の八木山峠は結構な峠であるにもかかわらず交通量がハンパじゃないので、自転車で走る場合はこちらのショウケ越を走ることになります。
・・・とはいえショウケもそれなりの交通量なので注意は必要です。


スタート地点は、福岡県道91号線と県道60号線の交点付近。
20130506_1.jpg
道路情報の電光掲示のアーチがあるのでわかりやすいと思います。
ちょっと休憩できる東屋と公衆トイレもあるので便利です。

20130506_2.jpg
スタート直後に雨天時交通規制区間に突入。

20130506_3.jpg
そして、ほどなくして、カーブ標識が出てきます。これがあるとやる気が出るんですよね。

20130506_4.jpg
57カーブからスタートして、峠手前の最終カーブが32です。

20130506_5.jpg
そして峠へ。
峠には特に表示はありません。ちょっと寂しいですね。
登山者用の歩道橋が目印といったところでしょうか。

20130506_6.jpg
歩道橋に登るとちょっと眺めがいいですよ。

距離は約5km
高低差は約400mといったところです。

終盤が8%の勾配でちょっときつい。

30分くらいで登れるほどほどの峠です。
下で休憩できるので、何本かセットでトレーニングするのに向いてるかもしれませんね。
スポンサーサイト
2013.05.06 Mon l サイクリングコース l COM(2) TB(0) l top ▲
今回はちょっと気合入れたいときに走るコースの紹介です。
きついし、スタート地点まで遠いので、滅多に行かないですけどね。

スタート及びゴール地点:国道236号線の早良平尾交差点
早良平尾交差点
(早良平尾交差点)

スタートして、まずは国道236号線を三瀬方面に。三瀬峠を目指します。
スタート直後からじわじわと登り始め、曲渕ダムを過ぎたあたりから本格的に登り始めます。

三瀬峠分岐
(三瀬峠・トンネル分岐)

ループ橋の手前で、三瀬峠方面と三瀬トンネル方面の二手に分かれます。
ここは当然、左折して三瀬峠へ。

因みに、三瀬峠トンネルも自転車は通行できます。有料道路で30円です。
でも、狭くて交通量も多いループ橋を走るのは渋滞の先頭になるし、運が悪ければ車に轢かれるのでお勧めできません。

確かに山の中だけど、なんで相変わらず、新道作るときに人とか自転車を考慮しないかな(怒)


三瀬トンネルが見えたあたりから、更に勾配はきつくなりますが、頑張りましょう。

三瀬峠は標高581m。
冬は凍結しますのでご注意を。

下りは十分注意が必要。
対向車が多く、道に凹凸がつけられていたり、バイクが上り下りしていたり、カーブの先で車が事故ってたりします。
マイペースで安全第一で下りましょう。

三瀬トンネルからの道と合流したら、3km程は国道236号線を。

左手に三瀬小学校・中学校(併設しています)が見えたら次の三瀬郵便局のある交差点を左折して県道46号線へ。
県道46号線へ
(県道46号線へ)

暫くのどか~な道が続きますが、地味に登っているので注意。

神崎町の手前の小さな峠を越え、下り始めて3.5km程で左折して背振山頂への道へ。
背振山頂へ
(背振山への分岐)

「背振山」と標識に出ているのでわかると思います。
小さな商店のあるT字路です。

山頂へ往復しますが、この先更に二つ峠がありますので、体力がやばかったら迷わずパスしましょう(笑)。


元気のある方は左折して山頂へどうぞ。
暫く走って、背振神社があれば正解。

ここから7kmほどひたすら急勾配を登ります。
思ったより車が来るので注意です。
あと、たまに自転車とかも下ってきますので、きつくてふらつきぎみでも道路左をキープで!

登りは一本道ですが、山頂付近に交差点があり、ヘアピン気味に右に曲がると、自衛隊の駐屯地にたどり着きます。
ここが今回のコースで一番標高の高いところです。
汚いトイレ(女性はきついかも)と自販機があります。一寸休憩できますよ。

余裕があれば、山頂まで歩いてみるのもいいです。
山頂からは福岡市が一望できますよ。


この後は、折り返して同じ道を下ります。

疲れているときは先ほどヘアピン気味に曲がってきたところを右に下っていくと板屋峠方面にショートカットできます。
でも、悪路で信じられないほどの急勾配なのでお勧めしません。


下りは、ブレーキを離すと10秒で時速50km越えます。注意しましょう。

同じ道を下りきったたころを左折。
8km程下ります。途中九十九折れとかも繰り返しながらひたすら下ります。

「また登るのに、こんなに下っていいのかしら?」
と、思い始めたころに国道385号線とぶつかります。
R385へ
(左折で国道385。坂本峠方面へ)

国道385号線との交差点を左折。


ここからまた登坂タイム。
ひとしきり登ると、国道385号線は新道と旧道の二手に分かれます。
R385,坂本峠分岐手前
(R385、新道旧道の分岐手前)

体力のない方は新道の東脊振トンネルへどうぞ。
有料道路(自転車30円)です。トンネルの歩道は狭くて自転車は走れないので注意しましょう。なんで、新道作るとき・・・(以下略)。
テールライトがあったほうがいいです。
トンネル手前の道の駅で休憩も出来ますよ。

楽しみたい方は右折して旧道へ。
曲がるとすぐに
「え、これ、国道?」
と、笑いが出ますよ。
坂本峠へ
(酷道385号線)

福岡から一番近い酷道です。
今こそ車はたまにしか通りませんが、トンネルが出来る前までは当然こちらがメインで、しかも、福岡と佐賀をつなぐ最短ルートでもあるので交通量多かったです。離合が難しいのでよく渋滞してました。・・・懐かしい。

ここの登坂、かなりきついです。
ひとしきりもがくと坂本峠に到着。標高540mです。

その後、3km弱の下り。
県道136号線との交差点を左折して、小さな佐賀橋を渡ります。
左折で県道136、板谷峠へ
(左折で板谷峠へ)

「背振少年自然の家」への案内標識が出ていますので、そちらに向かってください。

因みに、左折せずに直進すると、南畑ダムを経て福岡市中心部に帰れますので、私はこのまま帰っちゃうことも多いです。


元気のある方は左折!
ここからの登りは、昔ながらの小さな集落があり、木陰の中を背振川沿いを走る形で、雰囲気も良く、夏場は涼しくて、とても好きな道だったのですが・・・
ダム建設が進み、見る影も無くなり大変残念。

ダムが完成すると道も大きく変わるので、その時はこの記事も差し替えないとなあ。


道なりに6.5km程上ると板屋峠(653m)に到着です。

「あとは下るだけ~」

・・・・なんですけど、勾配がきつく、舗装状態は悪く、初めカーブが連続するので散々走ってきた後では結構きついです。
ブレーキ握りっぱなしでだるいです。握力鍛えておけば良かったと思います。


10km程下ると、大門交差点というT字路にあたりますのでここを左折。

2.5km程でスタート地点の早良平尾交差点に到着です。
お疲れ様でした。


距離にして77kmほど、
三峠、一山頂で、獲得標高は2000mを越えます。


紹介しといてなんですが、私は大体いつも、坂本峠の途中で足がつったり吐きそうになったりで、「これは駄目だ」と板屋峠はやめて帰っちゃうことが多く、完走率は低いです(笑)。


自分の体をいじめて喜ぶ、マゾなあなたにお勧めのコースです。
2012.01.10 Tue l サイクリングコース l COM(0) TB(0) l top ▲
以前紹介した「若杉山ヒルクライム」のフルバージョンです。


距離は1.4kmほど長くなっただけですが、この1.4km区間が結構キツイです。
標高で130m登り、平均斜度は9%です。そして悪路です。

以下、案内です。写真多いです。

2010_1205_1.jpg
今回の目的地、米ノ山展望台を下から

2010_1205_2.jpg
スタート地点。ここを右に入っていきます。
とりあえず若杉の湯とか、奥の院方面に向かえば大丈夫です。

2010_1205_3.jpg
突如現れるなんだかオシャレなカフェ。ここがだいたい中間地点です。

看板は出てないし、途中、何の案内も無いのでカフェとは気付きませんね。
私も最初は、何かの宗教施設だと思ってました(笑)。
レーパン、汗だくで入る勇気のある方はどうぞ。

ここの道沿いで水を汲むことが出来ます。

お客さんが出入りしますので、轢かないように注意しましょう。
「車」に「楽しい」と書いて「轢く」ですが、轢いちゃダメです。

2010_1205_4.jpg
ひたすら登りだけです。

2010_1205_5.jpg
ここが前回「若杉山ヒルクライム」のゴール地点です。
ここを右に登っていきます。
ここから先はコンクリート舗装で、凸凹で、勾配もキツイです。

ロードで登るのはあまりオススメしません。
登るのは何とか頑張れても、下りで「あ゛あ゛あ゛~~~!!!」ってなってツライです。

2010_1205_6.jpg
見下ろすと、「ああ、登ってきたなあ」感があっていいです。


2010_1205_7.jpg
ずっとコンクリート舗装です。

2010_1205_8.jpg
奥の院遥拝所の駐車場です。
ここの駐車場は二段になっていますが上のトイレは綺麗です。
下のトイレは幽霊が出るとか?? まあ、昼間は全然大丈夫ですけどね。

2010_1205_9.jpg
トイレは後にして、とりあえず米ノ山展望台に向かいましょう。

ここから、少し走って、壁みたいな坂を登れば、すぐに展望台です。

2010_1205_10.jpg
ゴール地点の米ノ山展望台からは福岡市街が一望できてなかなか爽快ですよ。

散々登って疲れた時に、車で来て手をつないだカップルとか見ると何かアレですが・・・轢いちゃダメです。
黙って景色を楽しみましょう。


※土日祝日は、登山客や車がわりと多いですので、下りは十分注意してくださいね。
適当な車を一台見つけて、下までついていくと、時間はかかりますが安全ですよ。


距離は短いですが、登坂標高がちょうど500m位なので練習によい場所です。

2回登れば1,000mです。4回登れば2,000mです。
私は2回でお腹いっぱいです。

下のほうに「若杉の湯」というのがありますので、ひとっ風呂浴びて帰るのもいいですね。私は自宅まで距離があるのでそのまま帰りますがいつか入ってみたくはあります。


最後に、今回も地図は「猛レース」のサービスを使ってます。
参戦はお気軽にどうぞ。ラップタイムのゴール地点に自分の計ったタイムを書き込むだけです。

・・・といっても、私のタイムだけになるよね。きっと。
2010.12.05 Sun l サイクリングコース l COM(0) TB(0) l top ▲
みなさま今晩は。
今回は、書く事もないので、時々走りに行くサイクリングコースを紹介します。

「サイクリングコース」っていう、カテゴリーまで作っちゃったので、思いついたときに他のコースも紹介していきたいと思います。
(因みにこのカテゴリーに関してだけは、コース状況の変化とかで、時々、編集とか、追記とかしていくかもしれませんのでご了承くださいね。)

第一回目はは若杉山のコースです。場所などは下の地図を参照して下さい。

ご覧の通り、短めのヒルクライムコースです。
登りっぱなしです。

若杉遠景
こちらの写真が若杉山です。
頂上まで登るわけではないのですが、割と上の方まで行けます。
写真の真ん中の白い建物がだいたい中間地点くらいです。

若杉入口
こちらがスタート地点です。
トイレありです。
道なりにひたすら登り続けるだけです。

若杉ゴール
そして、こちらがゴール地点。
楽園キャンプ場を過ぎて、少し登るとたどり着きます。


ここを右に折れると、もっと登れるのですが、ここから先は、舗装がアスファルトではなくセメントに変わります。数メートルおきに排水用の溝が掘ってあり、とても走りにくいです。そして結構な急勾配になります。

登るのはいいのですが、下りがブレーキ握りっぱなしだし、路面からの振動がひどくて大変だるいので、私はだいたいここでやめちゃいます。

ここから、さらに上へ登る、「若杉山フルコース」は、またの機会に紹介したいと思います。




今回紹介したコースは、家から1時間以内でスタート地点まで行けるので、暇な時に気軽に走りに行って、大体いつも2~3回登って帰ってきます。
練習コースですね。一番走っているコースです。
車も少なくて走りやすいです。
でも、油断して下りで車にぶつかりそうになってひやりとしたことが何度かあります。

見通しが悪く、登山者が登ってくることも良くあるので、下りの時には、良く注意しましょう。


ところで、今回、地図に「猛レース」ってサービスを使ってみました。
誰でも走行タイムを投稿することができますので、機会があれば走ってみて、タイムを投稿してみて下さいな。

取りあえず、私のへたれたタイムをのっけておきました。
もっと早いタイムが出せたら、また投稿して行こうと思います。
・・・たぶん、自分自身の走行記録にとどまるんだろうなあ。
・・・・・・いや、それはそれで便利だね。
2009.12.03 Thu l サイクリングコース l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。