9月28日(金)
天気:曇り時々晴れのち雨
到着地:福井県大野市「道の駅九頭竜」
走行距離:92.57km
総走行距離:2960.1km

道の駅の休憩所で荷物も積みっ放しで寝たので、朝の準備は楽チン。朝食はコンビニで済ませて出発。

白川郷の中を通って走る。朝の白川郷もいいものだ。

しばらくは御母衣ダムのダム湖、御母衣湖に沿って走ります。
この湖畔の道が怖い。覆道は多いし、トンネルは大型車がすれ違えない程狭い。
交通量が少ないのだけが救いです。

それにしても、このダム湖は大きかった。地図でみたら15kmくらい走ってました。

そういえばダム湖畔を走り出したあたりでパンクしました。
久々です。面倒なのでチューブ交換だけして出発しました。

なんか足に疲労感を感じつつもその後は順調。
ひるがの高原ではアイスとプリンを購入し途中の道の駅で食べました。プリンが美味かった。

白鳥の市街から右に折れるとR158になり、油坂峠(750m)に向かう道になります。ここを越えればあとは楽です。
「よし、登るぞ」
と気合いを入れた途端、自歩行者通行禁止の標識が…

「・・・コラッ!」

まぁ、国道は自動車優先で造られてるのは、あちこち走ってよく分かってはいるのですが、せめて迂回路ぐらいは指示して欲しいものです。

私の地図は縮尺がアレなので、コンビニで地図観て確認して、ついでにアイスを食べて休憩して出発。
まぁ、登りやすい峠でした。

ところでこの峠を越える為だけの自動車専用道路があります。
要るかなぁ、交通量も少ないし…。峠だけトンネル掘って国道を整備しておけばよかったように思います。
金の無駄遣いですね。

峠を越えるなり雨がぱらつき始めました。あと20kmなのに…畜生。

峠を下るとまた九頭竜湖というダム湖。これもでかかった。なんでも十和田湖に匹敵するそうです。1時間くらい走ってたもんなぁ。

ダム湖を抜けると今日宿泊予定の道の駅に到着。
住宅街の中にあるのが珍しい。役場の横で、さらにホントの鉄道の駅まであります…これは泊まりにくい。
駅前にはティラノサウルスの親子の模型があります。こいつらがたまに動いて吠えます。迫力あるなぁ。

ガスボンベの入手に失敗し、夕食はお店で。まぁいいか。

一応終電が発車してからテント張るのがマナーなのでそれまで待ちます…といっても21時が最終なのでわりと早い。

穴のあいたチューブを修理し、洗濯まで済ませました。
終電が出発したあと、軒下にテント設営。やれやれ。やっと寝れます。

明日は福井市まで行く予定です。


20070928233735
1 御母衣湖 ダム湖です。よくもまぁ、これだけせき止めたものです。

200709282337344
2 荘川桜 御母衣湖に沈むはずだった桜の巨木をダム湖畔に移したという心暖まるなんか、アレです。

200709282337342
3 水分嶺公園 国道沿いの水分嶺です。左は長良川になって太平洋に、右は庄川になって日本海に流れます。わかりやすい。

20070928233734
4 穴馬神社 九頭竜湖畔にあります。競馬ファンにはなんか、アレらしい。人生の穴馬になりますように。

20070928233733
5 九頭竜ダム 九頭竜湖のダムです。ロックフィールドとかいう工法で岩を積みあげたダムです。とにかく大きい。
スポンサーサイト



2007.09.28 Fri l 信州への旅 l COM(0) TB(1) l top ▲