10月9日(火)
天気:曇り時々晴れのち雨
到着地:島根県浜田市 道の駅「ゆうひパーク浜田」
走行距離:104.07km
総走行距離:3740.9km

4時に目が覚めてしまったのでそのまま起きてしまう。でも出発したのは7時くらい。
のんびりしたものです。
出雲の田園地帯をゆっくり走る。
このへんの小学生はちゃんと挨拶してくるので気持ちがいい。昔はどこもそうだった気がしますねぇ。

さて、今日は特に見所がありません。一度走った道ですし。
それでも、石見銀山は観たことがないので、どうしようか迷いましたが、いまいち気が乗らないのでパス。
世界遺産に登録されたばかりで人が多そうなので、もう少し落ち着いた頃に行くとしましょう。

かわりに温泉津温泉に行って来ました。ちなみに「ゆのつ」と読みます。
前に行ったことがあるのですが、この温泉街の雰囲気が好きなのです。
ここは、石見銀山の積出し港の近くとして栄えた場所なので、その影響か、前よりも人が増えてました。それでも全然少ないのでいいな。
元湯に入りました。なかなか気持ちがいい。
見知らぬ人達との会話も楽しい。
話していると、この温泉の効能はかなりいいようです。これは期待できます。
ゆっくりと休み休みで1時間ほど入ってました。
そして、再び走り出してみると、なるほど調子がいい。効いたようです。
わたしもいろいろと温泉には入ってきましたが、速効性があるとことそうでないところがありすね。すぐ効くのは有り難いです。

快調に走っていると警察に呼び止められました。職質です。
いやー、今回は一度もないかと思ってました。やはり、一度くらいはないとね。
何でも家出の人とかがいるらしくてそういう関係で一応聞くのだそうです。…本当か?
まぁ、ほとんどの警察官はいい方なのでいいのですが。

夕方5時、浜田市の役場からフルート演奏の寂しげな曲が流れる。
この時間になっても寝る場所が決ってない私の不安をあおります。

目的の道の駅が自動車専用道路でいけないのです。
次は10km先です。行けなくはないですが、この先歩道はなくなるだろうし、日が暮れてからR9を走るのは自殺行為です。
というわけで何とか脇道から自動車専用道路の道の駅に到着。
うまい具合に東屋もありました。何とかあめをしのげそうです。
と、思ったら、東屋が微妙に小さく、また、水が内側に流れてきているらしく。少し、テントに浸水してます。やだなぁ、朝までもつかな?

それにしても天気予報はいい加減だ。昼から回復すると行ってたのになぁ。全く逆では困ります。

ああ、それにしても雨は憂鬱だ。浸水しませんように。寝よ。


20071009215316
写真は温泉津温泉です。古くからあるいい雰囲気の温泉です。
スポンサーサイト



2007.10.09 Tue l 信州への旅 l COM(0) TB(0) l top ▲