20081123001910
20081123001908
20081123001906
20081123001903
20081123001901
11月22日
天気:晴れ
到着地:鹿児島県南種子町 前之峯陸上競技場
走行距離:23.18km
総走行距離:1473.7km

昨夜泊まった宇宙ヶ丘公園。地元の人にもキャンプ場とは思われてなく、水場が近くになくて、私としては泊まりにくい場所でした。
ひとが全く来ないのはいいんですがね。

真っ暗なので明るくなってから準備開始。
ホントは今日はテント張りっぱなしで荷物を置いて行動しようと思っていたのですが、ひとけが全く無く、なんか、荒らされそうな気がするので、結局撤収することにしました。
適度に人の目にふれたほうが安心なんです。
まぁ、シーズンオフのキャンプ場なんてこんなものですね。

出発前に展望台から宇宙センター方面を見て見ました。
きょうはそこに行きます。
眺めはいいけど、険しそうだなぁ。

一旦、南種子市街まで行き、朝食はエブリワンですませました。
中で食事できるし、焼きたてのパンが嬉しいね。

変なおじさんが「千円貸してくれ」と話しかけてきます。
どこにでも変な人はいるものです。
さらに、
「携帯貸してくれ」
と言って来るので、
「テレフォンカード貸しましょうか?」
と言うと、
「10円くらいは持ってます。」
と、
…意味が分からん。
気にしない気にしない。

9時近くに出発。
距離が10kmもないのでのんびりです。

出発するとグングン下ります。
…同じ道を戻るんですけど…気にしない気にしない。

で、9時過ぎに宇宙科学技術館に到着。
やはり、種子島の締めはここですね。
一日あけちゃいました(笑)。

とりあえず、敷地内を散策。
実物大H-Ⅱロケットのまえで記念撮影をし、丘に登って展望を楽しみました。
ここは、景観もすばらしいんですよ。
昨日は見えた屋久島は今日は見えないなぁ。

そんなこんなで、いよいよへ。
記帳をして、見学ツアーの申し込みもしました。

で、ツアーの時間まで早速、中の展示を閲覧です。

実物大のロケットエンジンやら衛星やら、打ち上げの仕組みやら、面白い。
これは楽しめます。

そうこうしているうちにツアーの時間になりました。
このツアーでは、東京ディズニーランド12個分という広大な敷地を、ガイドつきのバスで案内してくれます。
普段入れない場所にも行けて楽しめました。
ガイドさんの豆知識的な話も楽しかったです。
ロケットのオレンジ色は塗料ではなく断熱材の色だとか、ロケット重量の9割は燃料だとか…いろいろです。
「H-Ⅱのつぎは、H-Ⅲじゃだめだったんですか?」
というどうでもいい質問にも丁寧に答えてくれました。
楽しいツアーでした。

ツアーのあとは、再び科学技術館の展示で楽しめました。

結局、科学技術館に16時半までいました。
一日中楽しめました。
これで、すべて無料というのだからすごいよね。

帰りには河内温泉センターによりました。
設備が充実していてのんびりできました。

で、帰りは外灯の無い真っ暗な2kmの登り道。
ちょっと怖いです。
ホントは明るいうちに帰る予定だったのですが、宇宙センターに長居しすぎました(笑)

そういえば、次のH-ⅡAロケットは来年の1月21日打ち上げだそうです…見たいなぁ。
今日の宿泊は今朝見付けた陸上競技場。
軒下にテント張れて嬉しい。
町中なのが難点ですが。

明日は種子島を出て鹿児島に渡る予定です。

恥ずかしいので先に言っておきますが、鹿児島からは高速バスで帰ります(笑)。

1 実物大H-Ⅱロケット 10秒セルフタイマーで全力疾走
2 種子島宇宙センターは自然景観も良いです
3 LE-7エンジン(だと思う) 実物です。細か~い。わけわからん
4 組み立て塔 ここでロケットを組み立てる。
ギネスに載った世界最大の扉がすごい。2基同時に組み立てることが出来るそうだけど、そんなことあるんだろうか?
5 大崎射場第1射点 両端の塔はおもにロケットをまもる避雷針なんだって。



★後日追記★
宇宙ヶ丘公園には、ちゃんと炊事場があるそうです。
キャンプ場には明るいうちに到着して隅々まで、探索しないといけないですね。
・・・・わかってはいるのですが、やはり、ギリギリについてしまうのだなあ。
(12月5日、追記)
スポンサーサイト



2008.11.23 Sun l 屋久島・種子島 l COM(0) TB(0) l top ▲