上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
8月18から19日に一泊二日で唐津に行ってきたのでその報告です。

1日目
8月18日(水) 晴れ時々曇り、一時雨
走行時間 6時間17分20秒
走行距離 95.29km
最高速度 58.3km
平均速度 15.1km
平均ペダル回転数 53/分
総ペダル回転数 20100回転



折角の連休なので、何処かに行こうと考え、何処に行こうか迷ったけど、唐津のキャンプ場をまだ利用したことがなかったのでこの機会に行ってみることにしました。

出発は9時過ぎです。
相変わらず遅いです。

唐津-出発

今回は一泊旅行なので軽装なのですが、一泊にしては荷物多すぎるような・・・。

で、走るルートなのですが、海沿いの道が一番近いのですが、60km位しかないうえに何度も走っているので面白くないということで、山沿いのルートにしました。

で、さらに、「クソきつい」コースか、「まあ、きつい」コースのどちらにしようかと出発した後も迷いましたが、結局「クソきつい」コースにしました。
向かっていく山のほうに積乱雲が垂れ込めているので「まあ、きつい」のほうが無難な気はしますが・・・まあ、大丈夫でしょう。

ひとまず、国道385号線をひたすら山の方に向かって走っていきます。

那珂川町の辺りから永遠登り続けます。
南畑ダムの湖畔は大体フラットで快調。その後はまた登りです。

ひとしきり登ると国道385号線は二手に分かれます。
一つは東背振トンネルを通る新道。
もう一つは昔からある、坂本峠を越える旧道で、2トン以上の車は通れないという、いわゆる"酷道"です。

酷道は反対側から何度も登ったことがあるし、まだ、走ったことのない東脊振トンネルと、その先の道の駅に行ってみたかったので、今回は新道を選択しました。

トンネルまで、結構登るのかな・・・と思ってましたが、分岐点から少し走ったら、あっさりトンネルに到着してしまい、ちょっと拍子抜け。しかしまあ、坂本峠を越えるよりはるかに楽です。
トンネルには12:30到着です。
東脊振トンネル

で、このトンネル、歩道が狭くて自転車では走れません。そして路側帯も無いに等しい。やれやれ。
もうちょっと頑張って掘って、広い歩道を作れなかったのだろうか。
平成18年に開通した、比較的新しいトンネルでさえこうなのだから、所詮、日本の道は車のことしか考えてないということが良くわかります。悲しいことです。

トンネル内は、福岡側からは下りです。路面は湧き出た水で濡れていて、あまり速度を出したくはないのですが、早く抜けないと車に轢かれるのが怖いので、スピード出します。車に楽しいと書いて"轢かれる"です。轢かれたら楽しいかな(だから何?)。
タイヤからはねてくる水が気持ち悪かったです。チャリも汚れました。
1400mの長いトンネルですが、運良く(?)後からは一台も車は来なかったのでよかったです。この道の採算が取れるのはいつだろうか?

因みに東脊振トンネルは有料道路です。自転車は30円ですよ。

酷道385
(トンネル抜けるとすぐに酷道385号が見えます。登ると楽しいよ)

トンネル抜けるとすぐに道の駅「吉野ヶ里」です。
道の駅吉野ヶ里

眺めのいいところで、佐賀平野とか阿蘇山まで見えます。
道の駅から


ここで、ちょっと休憩。景色を見ながら、持ってきたパンを食べます。
トンネルに横穴掘って引いてきたという湧き水を飲むことが出来ますよ。


13時頃出発。佐賀側にだーッと下ります。

ひとしきり下って右折。県道46号にうつります。

ここからまた登りです。

37℃
登り始めの辺りに電光掲示で「37℃」って出てました・・・暑いよ。

そんな中、ひたすら登ります。九十九折れで標高を稼いでいく、なかなかナイスな登りですよ。
ここは下ってきたことは何度もあるのですが、登るのは初めてなので、ちょっと楽しみでした。
キャンプ道具一式を積んで登るところではないことがわかりました。

でも、わりと無難に登りきりました。
登りきってしまえば、後は少々のアップダウンはあるものの、楽なものです。山間部の景色を楽しみながら走りました。

15時頃、三瀬の「マッちゃん」に到着。大体予定通りです。
ここは農産物直売所と軽食もできるところです。

寄せざる豆腐
寄せざる豆腐を食べて出発。

県道やら、広域農道やらのアップダウンありの道を走る・・・ちょっときつい。途中、少し休憩して飲んだコカコーラが美味かったです。

国道323にのっかったくらいで、雨が降ってきました。通り雨だろうから気にせず走ります。

16時頃観音峠を通過。後はひたすら下れば唐津なので楽なものですよ。
ただ、先ほどの雨で路面が濡れていて、タイヤがはねた水が顔にかかったりして鬱陶しかったです。でも、かまわず走りました。

キャンプ場の近くまできて、スーパーで買い物。
少し道に迷いましたが、17時半位に三本松キャンプ場に到着。
三本松キャンプ場

管理人は不在ですが、まあ、取りあえずテント設営しちゃいます。・・・テントは久しぶりです。

あ、いけない、ビール買ってくるの忘れちゃったと、近くのコンビニまで行きました。コンビニの前には弁当屋さんの「ほっともっと」もあります。
・・・知ってたら、自炊道具など持ってこなかったのに・・・。

キャンプ場に戻って、夕食。
キャンプ場では蚊に刺されてしまいますので、すぐ目の前の浜崎海岸で食べました。
めんどいので、飯盒でお米を炊きつつ、蓋のうえでレトルトを温めるという、もはや料理とはいえないものです。旅ではよくやりますが・・・何か?
しかも、久々だったので、ちょっとご飯が芯飯でしたが気にしません。

浜崎海岸の夕陽
夕陽が沈むのを見ながらの夕食はいいものですよ。


夕食後、汗を流したいので、近くの旅館に聞いてみることに。
2軒あるので、最初に目の前の旅館に行ってみると、「1,000円です。」と言われる。
(高いよ!)と思いましたが、「やっぱ、いいです」と言うわけにもいかないので、そのまま利用させていただきました。
今日一番の出費でしたが、やはり、風呂は気持ちがいいし、旅館の人も親切だったので良しとします。

その後、浜辺で、涼みながら歯磨き。
浜崎海岸からの夜景

波の音に、長い砂浜の先の唐津の夜景・・・旅っぽくなってきました。
曇っていて星が見えないのが残念です。

で、22時前には就寝です。

・・・しかし、思っていた通り、テント内は暑くて寝れたものではないです。
フライシートを取ってしまえば幾分涼しいのですが、雨が降る可能性もあるしなあ・・・。
浜辺のベンチで寝てしまうという手もあるのですが、絶対に花火やりに来る若者とかいるしなあ(実際、現れた)。

と、ここで、ひらめく。
筋肉痛用のジェルを持ってきていたではないか。
これ、塗ったら涼しくなるんじゃないだろうか・・・?

で、疲れた太ももからふくらはぎにかけて塗りこんでみたら、思ったとおり、ひんやりして涼しいではないですか。汗も引いたし、これはいいです。

しかし、暫くすると効果が薄れて、また汗が吹き出てきました。

・・・しょうがないなあ、

と再び塗りこんでみると今度は塗りすぎたらしく

「・・・寒っっ!」ってなりました。

"一日4回を限度に"と書いてあるものを、たて続けに塗ってはいけないねえ。
なんか、体の芯まで冷えた気がして、思わず上着を着ました。

・・・なんてことをしてたら、いつの間にか寝てましたよ。


・・・・・・・続く
2010.08.20 Fri l 短期の旅 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://innerlow.blog113.fc2.com/tb.php/217-c67e94b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。