上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
その1の続きです。

スロープカーの駅前に自転車を止めて鍵を二つかける。ここなら人目にも付いて盗難される危険も減るでしょう。
ここで、少し休憩。
登山靴に履き替えます。この靴、荷物の中で一番重かったですがようやく出番です。

銅の鳥居
11:16 銅の鳥居前から登山開始。

奉幣殿へ
まずはここから英彦山神社の奉幣殿まで向かいます。
500mほど石畳と石段が続きます。
見た目には綺麗ですがデコボコしていて歩きにくいです。・・・き、きつい。散々自転車で走ってきたので足がつりそうになります。
隣にスロープカーが出来たのもわからんでもないです。

11:44 奉幣殿で参拝して本格的に登り始めます。
古くからの霊山ってこともあって、山道は綺麗に整備されています。
ほとんどが石段です。よくもまあ、ここまで整備したなあと思います。
でも、急勾配のところが結構あって・・・きつい。

12:22 中津宮。五合目くらいです。

12:46 産霊神社。井戸があって水が汲めます。でも、なんか、湧き水と違ってそのまま飲むには抵抗あります。

山頂手前から見下ろす
(山頂手前から見下ろす)
そこから暫くして視界が開けると山頂までもう少しです。上宮も見えてきました。山道も一段と綺麗に整備されています。

中岳山頂
12:59 中岳山頂到着。最初はきつかったですが慣れると普通に登れますね。

上宮で参拝。
風雨対策のため板屋で覆われていますが、中にはちゃんとお社があるんだって(後から知りました・・・中に入ろうとすらしませんでした。次回は必ず・・・でも、一般の人は入れるのだろうか?)

上宮先の山頂広場でお昼です。
カップヌードルのリファイル。コンパクトで携帯に便利ですね。

山頂広場から
山頂広場から久住方面は良く見えますが、全体的に木々に遮られて眺望はそんなに良くないです。

13:40 出発。風が強くて湯がなかなか沸かなかったので、休憩が長くなっちゃった。

来た道を戻れば一時間足らずで下山できるのですが、同じ道は通りたくないと、南岳経由で帰ります。

南岳下から上宮
(南岳手前からの上宮)

13:49 南岳到着。眺望無し。
休憩所の上に小さな展望台が設けてあるのですが、のぼりの階段が錆びまくっていて立ち入り禁止。無理やり登ろうかと思いましたが、展望台自体が崩れ落ちそうな感じでしたのでやめました。
南岳山頂手前から見た中岳上宮の社殿が良かったですよ。

さて、ちょっと時間は押していますが、南岳から梵字岩経由で奉幣殿に戻るには2時間位かかりそう・・・「なんの!2倍速で歩けばいいだけのこと!」と、強行。

でも、いきなり鎖場で岩場をひたすら下ります・・・2倍速無理。
ああ、修験道の山だなあってのを感じました。
こちらから登るときっと楽しいと思います。

材木岩
14:08 材木岩。材木を重ねたような岩です。

梵字岩
14:23 梵字岩。大きな岩の上に梵字が三つ大きく書かれています。どうやって彫ったのか? 一説では役小角が書いたらしいです・・・謎めいた事は全部この方ですね。

奉幣殿
15:40 奉幣殿に戻ってきました。・・・やれやれ。

それから、長ーい石畳を下って、自転車に戻りました。思ったより時間がかかった。

余裕があれば自走で帰ろうかとも思ってましたが、そんなもんねえよ。

ふろ入って輪行して帰ることにしました。

近くのしゃくなげ壮で温泉に浸かってのんびり。ロッカー代で100円取られたのはアレですが気持ちよかったです。

17:30頃再びチャリに乗り駅まで走る。
最寄は彦山駅ですが、ちょい先の歓遊舎ひこさん駅が道の駅と併設していて待ち時間が潰せそうだったので、そこまで走ることにしました。本数少ないのは目に見えてますし。
・・・というか、彦山駅はそもそも場所を知らなかったし暗くてどこにあるかわからなかったです。

18時過ぎに歓遊舎ひこさん駅に到着。隣の道の駅は営業終わってました・・・まあ、いいか。
発射時刻は約25分後の18:28。その後は20:01です。
おおう、19時代は無いのですね。

25分で輪行できるか微妙。たぶん出来るだろうけど万が一出来なかったときは悲劇です。

無人駅で切符が買いづらいこともあったので、本数の多い十数キロ先の田川後藤寺駅までチャリで行くことにしました。

暗い道をひたすら走ります。・・・なんか、もう、 夜に走るのも慣れてきましたわ。

途中、ガタガタ道でテールライトが落下。
「うおー、夜の命綱がー!」
拾って、恐る恐るスイッチを入れてみるとちゃんと光りました。ホントによかった。

だんだん町灯かりで明るくなってきて、メジャーなお店とかもちらほら見えてくる。そして、また、若干寂しくなったところで田川後藤寺駅に到着。

時刻表で時間を調べて準備もばっちり。チャリで走ってきたおかげで運賃も1000円ちょっとですみます。

一本遅らせて、夕食にしようかと思いましたが、シャッターが閉まりきった商店街以外にコンビニも無かったので、さっさと帰ることにしました。

で、輪行作業・・・キャリアを外すのがめんどい。・・・急いだつもりでしたがやはり20分はかかりました。
急いで切符を買って列車に飛び乗りました。・・・危ない危ない。

新飯塚にてキハ31系
その後乗り換えもスムーズに行き、無事に帰りました。
自宅の最寄り駅に着いたのは10時前。

疲れた・・・次は泊りで行きたい。


英彦山はほかのルートも歩いてみたいのでいずれまた行こうかと思います。
自転車で行くかどうかはわかりませんが(笑)



下記外部ページに大き目の写真を置いてます。興味のある方はどうぞ。
http://photozou.jp/photo/list/2150282/5559986
2011.11.17 Thu l 短期の旅 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://innerlow.blog113.fc2.com/tb.php/258-aeb40ac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。